リフトアップ化粧品ランキング 人気ランキングを見てリフトアップ化粧品や化粧水を選ぶのがおすすめ!

 

リフトアップ化粧品でたるみを解消しましょう

 

30歳を過ぎると、実年齢以上に老けて見える方と、その反対に ずっと若く見られる方がいらっしゃいます。

 

たるみなしの顔;

 

 

どうしてなんだろうと考えてみたら、その原因は、「シワ」と「たるみ」にある!という結論にたどり着きました。

 

とりわけ女の見た目は

 

目元と口元で決まる!

 

と言われています。

 

肌内部がたるむから、肌の表面にほうれい線などのシワができるのです。

 

35歳を過ぎると、目元口元は5年毎に1cmずつ「たるみ」が進行していくそうです。

 

しかし、もし1cmリフトアップできたら、5歳若返る ことになります。

 

アンチエイジングとは、肌の老化のスピードをできるだけ緩やかにすることだと考えています。

 

女性のエイジング

たるみをリフトアップしてをシワやたるみを内側から押し上げて伸ばしてやるには、肌内部のハリを取り戻さなくてはなりません。

 

そのためには、まず角質層のすみずみへ即効的に潤いを与える必要があるのです。

 

「シワ」と「たるみ」の改善には、一般的な基礎化粧品ではなく、リフトアップ化粧品が必要なのです。

 

もし肌のたるみが気になるなら、手遅れになる前にリフトアップ化粧品を使い始めるべきです。

 

 

ほうれい線発見!リフトアップを始める合図です

よく30代の女性から「そろそろエイジングケアを始めたほうがいいでしょうか?」と尋ねられることがあります。

 

もし「今現在のために必要か?」と聞かれれば、不要だと答えます。
なぜなら、エイジングケアとは「40代50代になった自分」のために行う「将来投資」だからです。

 

どんな40代になりたい、50代でいたい、というご自分の将来像にあわせてケアの方法も変わってくるでしょう。

 

また、一口に「エイジングケア」といっても種類は様々で代表的なものだけでも、「しみ」「しわ」「乾燥」「毛穴ケア」「大人ニキビ」そして「たるみ」があります。

 

特に「たるみ」や「シワ」は立体的なサインで隠しにくいので、早めのエイジングケア開始が必要だといわれています。

 

 

 

 

ほうれい線30代

30代は、あまり「ほうれい線」の心配はないと思いがちですが、35歳から「たるみ」は始まるそうなので、一般的には35歳がリフトアップケアが必要となり始める年齢と言えるでしょう。

 

早めのリフトアップケア開始は、40代から出現するエイジングサインを遅らせる効果が高いとも言われています。

 

 

ほうれい線40代

40代になると、ほほのたるみが目立ち、ほうれい線が現れる方が多いようです。

 

ほうれい線は「たるみ」が進行しているサインです。肌の若さを保ちたいなら遅くとも40歳にはリフトアップケアを始めるべききだと考えられます。

 

 

ほうれい線50代

さらに50代になると、頬のたるみがハッキリしてきて、皮膚の薄い目元にもシワが出始めます。

 

特に頬はたるみが顕著になり、ほうれい線がハッキリしてきます。また顔全体にハリ感がなくなってきます。

 

50代は30代40代のリフトアップケアが、結果となって表れてしまう年齢です。

 

 

ほうれい線60代

また60代になると、額にもシワができてしまったり、顔だけにとどまらず、首にもシワができてしまう方が多くなります。

 

さらに70代になると、たるみやシワはより深くはっきりしてきます。

 

こういったエイジングサインは、加齢によるものなので、止めることはできませんが、その進行を遅らせたり緩やかにすることはできるはずです。

 

 

見た目年齢はどこで決まるのでしょう?

高校の同窓会なんかに行くと感じるのですが、同じ歳なのに若く見える方と老けて見える方がいらっしゃいます。もちろん、メイクや服装など身につけるものも影響しているとは思いますが、顔だけ見てても見た目年齢の違いって感じますよね。

 

私はその大きな原因は「顔のたるみ」と「顔のシワ」が影響しているのではないかと思っています。

 

とりわけ、目元のしわ、目の下のたるみ、そして「ゴルゴライン」。マスクをしていると、この部分が良くも悪くも強調されてしまいます。

 

さらには、頬のたるみによる口元の「ほうれい線」や「マリオネットライン」。たるみがでると頬から顎にかけてのフェイスラインが大きく変わってしまいます。

 

肌のくすみやシミなどは、そこそこ近づかないと見えませんが、顔のたるみは、少し離れた場所からでも立体的にハッキリと目立ってしまいます。それに人があった時の視線の70%は口元に集中するとも言われていますので、口元と目元は重点ケアのポイントとなるでしょう。

 

 

ほうれい線は「たるみ」の深刻さを表す目安です

 

 

リフトアップ化粧品 たるみ

 

 

他の肌トラブルが平面的、表面的な悩みなのに対し、「たるみ」と「ほうれい線」は、立体的なエイジングサインなので、化粧品で隠すことはできないのです。

 

また「たるみ」と「ほうれい線」は、別々のエイジングサインと考えられがちですが、「たるみ」が生じた結果として「ほうれい線」が刻み込まれるのです。

 

さらに「たるみ」が進行すると、口元には「マリオネットライン」や目の下の「ゴルゴライン」も出現してしまいます。

 

漠然とエイジングサインとか肌のたるみに悩んでます!と言われますが、それが頬や口元の場合なら、その程度を表すのが「ほうれい線」です。

 

 

ほうれい線の有無、ほうれい線の濃い、薄いが、肌のたるみの程度を示す基準とすることができます。

 

ほうれい線ができる仕組みは、肌のハリがなくなり、肌が重力に負け、たるみが生じると、そこにねじれができ断層のようにシワが刻み込まれます。

 

たるみの程度が軽ければ、ほうれい線は短く薄いものになりますが、たるみが大きくなると、その重力でほうれい線は長く、濃く、深いものとなります。

 

したがって、短くて薄いほうれい線に気づいたときこそ、「たるみ」の進行を食い止める口元ケアが必要となるタイミングだと判断すべきです。

 

 

 

いま話題の目元口元ケアがマイクロニードル

そこで今話題の技術が、マイクロニードルという美容成分でできた“針”を肌に刺すスキンケア。

 

NEEDROPニードロップ!

 

刺すというと、ヒアルロン注射のようなものを思い浮かべるかもしれませんが、長さ100〜2,000μmの超微細な針形状突起を配したシートを貼るだけ。チクチク感もありません。

 

角層を突き抜けない安全設計(特許取得済み)になっています。

 

【貼って寝るだけのスキンケア】

NEEDROPニードロップ

>初回67% OFF<

 

 

NEEDROPニードロップを使ってみた

 

------------ 商品レビューの予定----------------

 

 

 

アラサー以降は「たるみ」で悩み始める方が増加します

30歳を過ぎると、急に「肌のたるみ」に悩んでいる方が急増するそうです。ある美容クリニックが実際に行った「お肌のお悩み」アンケートでは、「顔のたるみ」でお悩みの方が、30代では2位、40代50代では1位となっています。

 

また男性でも50代は「顔のたるみ」がお悩み1位となっていました。そのアンケート結果のレビュー詳細がこちら。

 

 

20代 1位ニキビ(跡)54.0%    2位毛穴 42.9%
30代 1位シミ 55.2%       2位たるみ 42.0%
40代 1位たるみ 67.4%       2位シミ 55.8%
50代 1位たるみ 75.0%      2位しわ 56.7

 ※サンプル1185名男女 複数回答

 

 

>> メニューに戻る

 

 

 

顔のたるみの原因とは?

 

リフトアップ化粧品 たるみ

 

肌のたるみが起こる理由はさまざまですが、おおむね次の3つの肌環境の悪化により肌が重力に負けてしまうと考えられます。

 

1. 肌内部で引げる力の低下
2. 肌表面のバリア機能の低下
3. 顔のむくみ

 

さらに肌の状態が悪化してしまう原因としては、「生活環境によるもの」と「加齢(老化)」によるものが考えられます。

 

これら2つの原因が組み合わさって、「肌のたるみ」や「ほうれい線」が表れてしまうのです。

 

生活環境による原因

肌のたるみの原因に最も大きく影響するのが「紫外線」です。

 

私の若いころは、海でサンオイルを塗って小麦色の肌にするのが普通でしたし、日焼けサロンなんていうのがブームになっていたりしたのですが、これがアンチエイジング的には、タブーの行為だったのです。

 

 

リフトアップ化粧品 紫外線

 

紫外線は蓄積型の肌への外部刺激で、どれだけ紫外線を浴びてきたかによって、お肌の年齢は決まるとも言われています。

 

紫外線にはUVA、UVB、UVCと呼ばれる3種類の波長の異なる光線がありますが、なかでも「UVA」と呼ばれるは真皮層まで達し、肌の内部のコラーゲンを破壊してしまうのです。

 

肌の土台とも呼ばれる真皮層のハリ、弾力がなくなるから、たるみやシワができてしまうのです。

 

小麦色に日焼けした女性もカッコイイですが、顔はもちろん、胸元や腕や足にも肌が乾燥して細かいシワが刻み込まれてしまっている方をよく見かけます。

 

他の原因としては、

 

 ・血行不良
 ・食生活の乱れ
 ・ストレス
 ・飲酒喫煙
 ・睡眠不足

 

など生活習慣も、顔のたるみの原因となります。

 

 

加齢(老化)による原因

加齢による肌トラブルやエイジングサインにも、さまざまな要因がありますが、はやり真皮層の乾燥やコラーゲンの不足などが挙げられます。

 

赤ちゃんのときのコラーゲン量を100%とすると、30代では40%、40代では30%、50代では20%以下となってしまいます。

 

これはコラーゲンを生成するスピードよりも、破壊(分解)されるスピードのほうが速くなっていくためで、とくに30代から40代の間に、そのスピードは急激に早くなってしまいます。

 

したがって、肌ケアによってコラーゲンが破壊されるスピードを緩やかにして、生成力を助ける必要があるのです。

 

>> メニューに戻る

 

 

 

「たるみ」を改善する方法といえば

 

 

リフトアップ化粧品 たるみ

 

すべてのエイジングケアができればいいのですが、それは現実的に無理な話なので、まずは悩みが深いエイジングサインに焦点をあててエイジングケアを始めることになります。

 

すこし乱暴な言い方になりますが、「シミ」「ニキビ跡」「くすみ」「毛穴」などはコンシーラーやファンデーションなどでも隠せます。

 

しかしどうしても隠せないのが「肌のたるみ」や「深く刻まれたほうれい線」なのです。

 

年齢にかかわらず、ほうれい線が気になり始めたら、それは「頬のたるみ」が始まっているサインです。
言うまでもなく、至急リフトアップケアが必要だと思われます。

 

また、たるみ対策を行うことで、肌内部の保湿され、肌のターンオーバーが正常化されるため、他のエイジングサインについても改善が期待できます。

 

 

肌のリフトアップ力を取り戻すには

コラーゲン エラスチン

 

肌内部のリフトアップ力低下の原因は、肌内部の真皮層に張り巡らせたコーラーゲンやエラスチンの減少や変性が原因です。

 

建物を支える土台で例えると、コラーゲンは網のように張り巡らされた鉄筋で、エラスチンはその鉄筋を正しく固定補強する留め具です。
これらがきちんと支え続けていないと、リフトアップ効果をと持ち続けることはできません。

 

 

肌表面のリフトアップ力を取り戻すには

 

口元のしわ;

 

肌内部の土台が崩れると、ヒアルロン酸を蓄える力が減少します。
ヒアルロン酸は、たった1gで6リットルもの水を抱え込むことができるという脅威の保水力により、肌の潤いを保っているのです。

 

つまり、ヒアルロン酸が減少し、さらに加齢でセラミドが低下すると肌表面の角質層の潤いもなくなり、それらの結果、皮膚のハリがなくなりたるみが発生します。

 

したがって、リフトアップ化粧品には、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分を増やし、保湿力を高めることが求められます。

 

 

化粧品によるケアは角質層まで

2014年までは、「真皮層まで届く浸透力」などのキャッチコピーで売られている化粧品も多かったのですが、薬機法の改正でこの表現は使えなくなりました。

 

なぜなら化粧品は「角質層」にまでしか届かないからです。

 

人間の肌には「肌バリア」という水溶性と油溶性の2種類の層からできたバリア機能があるので、いくら化粧品であっても、そうそうカンタンに浸透(浸入)することはできないのです。

 

 

 

目元口元ケアで注目すべきポイントは?

 

リフトアップ化粧品選びの基本的な着眼ポイントは、

 

「美容成分」×「浸透力」

 

 ・美容成分=保湿効果の高い美容成分
 ・浸透力=肌バリアを通り抜け角層の奥まで届く力

 

 

このどちらかが欠けてもいけないのです。
特に「浸透力」は重要なポイントです。

 

なぜなら、普通肌は肌バリアのおかげで水も脂も浸透しません。そのため、美容成分を浸透させるにはできるだけ直接届けることが必要なのです。

 

塗るより刺して届ける方が、浸透力が高いのは当然のことです。

 

 

 

 

ハリを与える美容成分が配合されていること

 

たるみを改善するためには、皮膚の中のコラーゲン量をアップさせることがカギ。
次の3つの成分が入っている化粧品を選ぶことが大切です。

 

1.ビタミンC誘導体…ハリをアップ、美白効果、肌を引きしめる効果があります。
2.レチノール…ハリをアップさせ、美白効果も高いです。
3.コラーゲン…ハリをアップさせます。

 

ビタミンC誘導体やレチノールは、肌の中のコラーゲンが作られるのを助けてくれて、肌にハリやツヤを出してくれます。抗酸化成分としても知られています。
これら3つの美容成分が入っているケア用品をチョイスして、たるみに対する正しいスキンケアを実践していきましょう。

 

 

高保湿の化粧品であること

 

「肌の乾燥」はたるみに一番良くありません。肌が乾燥するとハリやツヤがなくなり、肌がたるむ原因となってしまいます。

 

保湿力が高い化粧品を選んで、肌の乾燥を極力避けるようにしてください。

 

保湿力が高い成分として有名なのが次の3つです。名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

1.ヒアルロン酸…保湿成分
2.コラーゲン…保湿成分
3.セラミド …保湿成分 

 

 

目元口元のハリを取り戻すには、保湿成分を肌の奥(角層)まで届ける必要がるのです。

 

 

>>「美容成分」についての詳しい記事はコチラ

 

 

 

美容成分は小さいより大きいほうが効く!

 

リフトアップ化粧品

 

何度も言いますが、肌の表面には肌バリアが守っていて、美容成分も浸透しにくくなっています。そのため化粧品では、「ナノ分子化」といって、美容成分を小さくしてバリアをすり抜けさせるという技術が一般的になってきています。

 

しかし美容成分は、小さいサイズより大きいサイズの方が美容効果が高いとされています。

 

マイクロニードルパッチなら大きいまま届けられるので、美容効果が高いのです。

 

 

 

最低2〜3か月は続けられる化粧品を選ぶことも重要です

 

肌のターンーオーバーは通常の状態で約1ヶ月といわれています。年齢やさまざまな原因によって肌の新陳代謝にかかる時間は遅くなっていきます。だから、最低でも2ヶ月間は同じ化粧品を使い続ける必要があるのです。

 

エイジングケアに大切なのは、何よりも「続けること」なのです。
短気を起こさずに、いろいろな化粧品に目移りしないことも大切です。短い期間だけ高い化粧品を使うよりも、手頃な値段の化粧品を長く使うことの方が大事でしょう。

 

効果が実感されるのは個人差がありますが、目安としては約2ヶ月です。

 

サンプルなどでテクスチャーを確認した後で、価格的にも2ヶ月以上継続できる化粧品かどうかを考慮する必要があります。

トップへ戻る